zoom on table with Baccarat pieces at Paris museum

250年の間培われたクリスタル工場の伝統と、18人のM.O.F.(フランス最優秀職人)たちの高い技術と叡智へのトリビュートともいえるエキシビションです。また今回初めて1920年代にJean-Michel Frankが設計した羊皮紙の壁と、同時期に建築家でありデコレーターとして活躍したEileen Grayが手がけたブロンズの扉もご覧いただけます。

room with Baccarat exceptional pieces at Paris museum
view from inside Baccarat museum at Baccarat

工場に隣接するこのミュージアムの展示エリアでは、クリスタルを作り続ける窯の音を聞くことができるでしょう。 まるでコレクターの邸宅のように設計されたこのミュージアムは、伝説ともいえるバカラの歴史を映し出しています。バカラの職人の卓越した技術の結晶た洗練された景観では、貴重なバカラの遺産の一部を構成する象徴的な作品が見ることができます。 展示されている作品には、1828年に邸宅を訪問した最初の王チャールズX、24本のキャンドルを持つCzarinaのカンデラブラ、ナンシーで開催された東フランスの国際展に出品された「Three Graces」花瓶 1909。

Four vases with lids
table with Baccarat exceptional pieces

象徴的な場所を訪れる