バイオグラフィー

マルセル・ワンダース

ワンダースは、デザイン界の有名無名の人々が出入りする場所で、エレガンスとスターのオーラを放っています。

彼はピエロの鼻を付ける必要はありません。背の高いシルエット、ライオ ンのような髪、肌身離さず付けているお守りの真珠のネックレス、これ だけでその場にいる全員が息を呑み、それから、ささやき声で話し始 めるのです。 彼は傑出したデザインのプロで、自信と巧みに隠した臆病さ、深さと奔 放さ、寛大さとあふれる才能が複雑に入り混じっています。彼はこれら の要素全てを自らの夢や目的に応じて倍増させます。これまでボンの カメハグランドホテル、マイアミのモンドリアン・サウスビーチホテル、バ ーレーンのヴィラ・モダブティックなどの名高いプロジェクトを手がけています。

彼は世界的に活躍するデザイン界のスターであり、ファーストクラス―脚の長い人には必須―で世界中を飛び回るジェットセッターであるワンダースと、アムステルダムの 小さな街の生活リズムを守り、不朽のヴィンテージのメルセデスに乗る以外は徒歩か自転車で街を移動するマルセル、という2つの顔を持っています。

ラフォレデソンジュキャンドルホルダー
&ベース

マルセル・ワンダースは、快楽主義のデザイナーであり詩人です。幼少時代からフェルメールの光、デルフト焼きの青(「MOOOI(モーイ)」社の2008年コレクションのデルフトブルーの作品)、レース細工(クロシェットチェアー、2006年)、マクラメ(ノッテッドチェアー)など、オランダ人のルーツに慣れ親しんでいます。 ワンダースのユーモアのセンス、ロマンティックな奔放さ、あらゆる原型への詩的で遊び心のあるアプローチは、まずDroog Designのプロジェクトで共同経営者兼アートディレクターを務めているモーイ社のコレクションにて表現されています。そして、彼はGAPの国際的な広告キャンペーンのモデルとして登場したり、大手ブランドのために毎年のように次々とベストセラー製品をデザインするなど、あらゆる分野で活躍しています。

装飾芸術から得たマルセル・ワンダースの遊び心あるインスピレーションに注目したバカラは、彼に作品の創作を依頼しました。彼はバカラのために自然界を題材にして、コレクション「United Crystal Woods」(クリスタルの森の共和国)を制作しました。レース模様が様々な深さで施されたキャンドルホルダー「ラフォレデソンジュ」、磨かれた金属または大理石の台座を持つ大型のベース「レロワドゥラフォレ」(大理石バージョンは限定品のみ)、この上なくエレガントなワイングラスデカンタのセット「リヴレスデボワ」。そして、この想像の森の頂点に立つ「レゼスプリデボワ」の驚くべき鹿のファミリーは、磨かれたステンレスチールの身体とエッチングが施されたクリスタルの角を持ち、その詩的なシルエットはキャンドルの明かりの中で幻想的な雰囲気を醸し出します。

レロワドゥラフォレ& リヴレスデボワ コレクション

リヴレスデボワデカンタ クリア
リヴレスデボワデカンタ クリア
リヴレスデボワデカンタ クリア
レロワドゥラフォレベース
レロワドゥラフォレベース
レロワドゥラフォレベース
Read more about this designer

Lorem ipsum dolor sit amet,
ut labore et dolore magna aliqua.


Lorem ipsum dolor sit amet,
et dolore magna aliqua,
ut labore et dolore magna aliqua.

Read more about this designer

Lorem ipsum dolor sit amet,
ut labore et dolore magna aliqua.

Lorem ipsum dolor sit amet.

Lorem ipsum dolor sit amet.

この記事を共有する

私たちに従ってください