バイオグラフィー

フィリップ・スタルク

今日、フィリップ・スタルクは世界で最も高名なデザイナーの1人です。インテリア、工業デザイン、そして建築までも手掛け、その斬新で独創的なスタイルは見るものに驚きと強烈な印象を与えます。

1982年、当時のフランソワ・ミッテラン大統領の官邸およびカフェ・コス トの内装によって一躍名声を手にしたスタルクは、数多くのラグジュア リーホテルや著名なファッションデザイナーと仕事をしています。世界 的な美術館で開催されている企画展をはじめ、世界中で彼の豊かな 才能を見ることができます。

「砂からクリスタルが生まれ、クリスタルから光が生まれ、 光から赤が生まれ、赤から愛が生まれる。」
フィリップ・スタルク

マリー・コキーヌシャンデリア

Harcourt Darkside Flute set of four

2003年、バカラ本社が移転し、16区 合衆国広場(Place des Etats-Unis)に新たなメゾンが誕生しました。新しいバカラの家は、19世紀に建設された歴史ある邸宅。1920年代には、社交界に大きな影響力を持つマリー=ロール・ド・ノアイユが所有し、当時の文化が生まれる場所として、当時多くの芸術家が集いました。 新しいメゾンの内装を任されたのがフィリップ・スタルク。彼は「灰の中で発見された1粒のダイヤモンド」というコンセプトのもと、クリスタルの美しさと透明感、むきだしのコンクリートの壁とのコントラストを生み出しました。このメゾンと今や絶大な人気を誇るブラッククリスタルのシャンデリアの成功は、バカラの偉大な伝統を揺るぎないものにしました。スタルクはその後もバカラの伝統的な作品に対して大胆な解釈を加え、新しい作品を生み出しています。スタルクは比類のない芸術的な才能によって、クリスタルの回折光とオニキスの仄かなきらめき、日中の光と暗い闇が織り成すパラドックスとコントラストを演出し、ブラッククリスタルの使用というバカラの忘れられていた伝統を復活させました。彼の「ダークサイドコレクション」は、自然の最も暗い側面を探ることができますが、そこでは勿論クリスタルがそのあらゆる輝きを放っています。

マリー・コキーヌ コレクション

ブラックゼニスシャンデリア 24灯
アワファイヤーランプ
アワファイヤーキャンドルスタンド ゴールド
アルクール ダークサイドブラック・
エンジェル タンブラー
イック!シーリングランプ
Harcourt Darkside Aïe Glass
 Bestsellers
Read more about this designer

Lorem ipsum dolor sit amet,
ut labore et dolore magna aliqua.


Lorem ipsum dolor sit amet,
et dolore magna aliqua,
ut labore et dolore magna aliqua.

Read more about this designer

Lorem ipsum dolor sit amet,
ut labore et dolore magna aliqua.

Lorem ipsum dolor sit amet.

Lorem ipsum dolor sit amet.

この記事を共有する

私たちに従ってください