バイオグラフィー

トーマ・バスティード

芸術的な家庭環境の中で(母は画家、父は作家)、幼少の頃からクリエイティビティを発揮していたトーマ・バスティードは、容積というかたまり、つまり“三次元”に対して強い興味を持っていました。

彼は情熱のおもむくままに、グラフィックアートの専門学校にてアートとデザインを学び、フランス国立高等工芸美術学院(ENSAAMA)ではインダストリアルデザインを専攻しました。プロとしての初めての仕事では、デザイン界のセレブリティであったレイモンド・ローウィに接しました。
1981年にバカラに入社、現在に至るまで、主幹デザイナーを務めていますが、他のブランドとのコラボレーションも行っています。フランスの国際ガラス造形美術研究センター(CIRVA)、およびアメリカのシアトルにある有名なピルチャックグラススクールにて彫刻家としての技術を磨く傍ら、パリの自宅に工房を設置して、グラスの透明感にコンクリートや金属を組み合わせた彫刻を制作しています。

ウェーブ,トルネード& カレードスコープベース

アビスベース

彼がバカラのためにデザインした作品は、ベース(ウェーブ、トルネード、ギンコなど)から大胆な彫刻作品(リベルテ、タンシオン、エレファン・ラシーヌ)まで幅広いコレクションを有しています。このコレクションには、成功を収めている数多くのビジュウも入っています。彼の名声は欧米においてますます高まっており、1989年には彼の「ネプチューン」コレクションのベースが「国際テーブルトップアワード」(International Table Top Award)のデザイン賞を受賞しました。また、彼の作品はフランスの芸術に関心が高い日本でも人気です。

スパイラルベース
オブジェクティフベース
オセアニアベース
Gingko Extra ベース
ガレペンダント
 Bestsellers
Read more about this designer

Lorem ipsum dolor sit amet,
ut labore et dolore magna aliqua.


Lorem ipsum dolor sit amet,
et dolore magna aliqua,
ut labore et dolore magna aliqua.

Read more about this designer

Lorem ipsum dolor sit amet,
ut labore et dolore magna aliqua.

Lorem ipsum dolor sit amet.

Lorem ipsum dolor sit amet.

この記事を共有する

私たちに従ってください