息吹

バカラは誕生以来、変わらず炉から新しい息吹を生み出し続けています。

「ガラス吹きは、男性ができる出産に最も近い体験に違いない。吹き込みの強さと火力は、細心の慎重さとコントロールを持って扱われ、やがてとても脆く、繊細で華奢な作品を生み出していく」マレイ・モスは、バカラ250周年記念ブック内の「完璧さに映る光:バカラの懐を巡る旅」においてこのように語っています。


1人前になった職人は、クリスタルの素材に息吹を与えることができます。クリスタル制作の儀式を行う職人達は、各々が重要な役割を担い完璧を創造するバレエダンサーを想起させます。職人達は工場に集まり、回転し、吹き込み、形作る、これらの経験を、バカラは時を超え何世紀にもわたり受け継いできました。

取り出されたクリスタルの塊は、空気と接触することで温度が下がり、ペースト状になります。そこに息を吹き込み、クリスタルを球状に膨らませます。(パリソン)