Haute couture collection

バカラ オート・クチュール コレクション

一流の職人による手仕事を意味する「Haute Couture(オート・クチュール)」。バカラが誇る職人技術は、その250年を超える歴史の中で継承され、磨かれてきました。この「バカラ オート・クチュール コレクション」は、バカラが発表してきた傑作の数々を現代の職人たちが再現した復刻コレクションです。

Iris

イリス ベース。オリジナルは1909 年ナンシー国際博覧会に出品された作品。イリス(アイリス―アヤメ科の植物)の開花した美しい姿が、伸びやかなタッチのエングレイヴィングで描かれています。日本の美術工芸品に大きな影響を受けたジャポニスムと呼ばれるスタイルがヨーロッパで流行したことで、バカラでも自然のモチーフをありのままに描くために新しいエングレイヴィングの技術が開発されました。ギリシャ神話では虹を象徴する女神の名前として知られる「イリス」。植物を女性の姿のように描き、その美しさを讃える表現方法は、19世紀末から20世紀初頭にかけ開花した美術様式「アール・ヌーヴォー」の技法のひとつです。価格 ¥1,296,000

Saint Petersbourg decanter

サンクト・ペテルブルグ デカンタ。1867年の万博を見物するためにパリを訪れた皇帝アレクサンドル2世は、バカラが出展した作品の数々に魅了され、皇后の部屋を飾る大燭台などさまざまな装飾品を注文しました。彼によって築かれたバカラとロシアとの特別な関係は、その孫ニコライ2世にも引き継がれ、高さ4メートルにも及ぶ大燭台や特別なグラスセットが注文されました。 20世紀に入ると、おびただしい数の作品がバカラからロシアに輸出され、趣向を凝らした豪華絢爛な正餐の場を彩ったと言われています。1905 年に制作されたデカンタを華麗な歴史へのオマージュとして、ミッドナイトブルーのクリスタルで復刻した作品です。価格 ¥2,916,000

Arizona cup

アリゾナ ボウル。バカラが1916年に最初のアーティスティック・ディレクターとして迎えたジョルジュ・シュヴァリエ。純粋な透明感や輝きなど、クリスタルという素材が持つ本質的な魅力を再発見させる、過剰な装飾のないフォルムを特徴とする作品を次々に発表し、バカラの新たな表現を切り拓きました。シンプルなデザインは、カットのラインや力強さ、迷いのない職人の手技を際立たせ、ダイナミックな光の戯れを生み出します。1930 年に発表されたこの作品は、被せクリスタルに施された大胆なカットから生まれるクリアとミッドナイトブルーの配列が美しく、バランスの取れたデザインは時代を超えた新しさを感じさせます。価格 ¥1,620,000

Agrion Joli

カゲロウ クープ。植物や昆虫など自然のモチーフをありのままに描くこと、そして優美な曲線で構成された大胆な装飾を特徴とする「アール・ヌーヴォー」は、19世紀末から20世紀初頭にかけて流行を見せたスタイルです。バカラでは、蝶やトンボ、カゲロウなどのはかなく繊細な生き物の姿を、クリスタルの透明感を生かして表現したクープのシリーズが制作されました。この「カゲロウ クープ」のオリジナルもその頃の1904年に制作された作品です。高度な職人技術による緻密なカットが生み出すブルーとクリアのコントラストで、陽の光に透けるようなカゲロウの姿を表現しています。価格 ¥1,188,000

Serviteur Muet

アンジェロ センターピース。オリジナルは1909 年のナンシー国際博覧会に出品されました。この時代におけるバカラの作品の特徴のひとつに、クリスタルにブロンズを組み合わせた表現が挙げられます。同博覧会ではその手法を使った作品が多数出品され高い評価を受けました。このセンターピースも同様に、金彩が施された輝かしいブロンズがクリスタルに華を添え、輪に配された愛らしい4人の天使がセンターピースを運んでいるようなユニークな趣向が見られます。18世紀のロココ様式を彷彿とさせる優美なデザインに、フランス流アール・ドゥ・ヴィーヴル(生活美学)を感じさせる作品です。価格 ¥4,104,000

Les Oies Celestes vase

セッレシャル ベース。オリジナルは1878年パリ万博に出品された作品。チューリップや矢車草、そして羽ばたく鳥などのモチーフが描かれたカラフルな装飾はトルコのイズニク陶器や中国の染付を想わせ、中東やアジアの美術工芸品の影響をうかがうことができます。高度な技術を持つ職人の手筆によってエナメルと金彩を使って描かれ、磨きあげられた、高度なクラフツマンシップが込められた作品です。エデンの楽園へ導く聖なるメッセンジャーと言われる白い鳥のモチーフ、そして金と花々に満ちた図案は、まさに楽園そのものです。ブルーとグリーンの諧調で構成され、現代的でシックなテイストの作品として生まれ変わりました。価格 ¥2,268,000

残された図面と伝えられた技術を頼りに、M.O.F.(フランス最優秀職人)に代表される職人たちは、 最高のクラフツマンシップを発揮してオリジナルを忠実に再現するとともに、モダンなミッドナイトブルーのクリスタルや金彩で現代的なアレンジを加味しました。19 世紀フランスの生活芸術を形にした優雅な作品から、アール・ヌーヴォー、アール・デコの様式を汲んだ作品、あるいは外国のロシアや東洋からの影響をうかがわせるものまで。